1971年製のバイクと人

cb750k1cr.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 06日

PAT MARTINO TRIO at NAGOYA BlueNote

e0204594_18264989.jpg
昨日はパット・マルティーノトリオを名古屋ブルーノートに見に行って来ました。

10代後半か20代はじめぐらいにパット・メセニーの音楽が好きになって名前が似ているパット・マルティーノという人はどんなギタリストなんだろうと思ってはいたのですがなぜか縁が無く聴く機会がありませんでした。

それが何の機会か忘れたのですが「Live at Yoshi's」というアルバムの1曲目のオレオを聴いてぶっとんだことをよく覚えております。

オレオはソニー・ロリンズの曲だと思いますが、そのロリンズのオリジナルのコード進行とは違いこのアルバムのオレオはマイナーキーにリハモがしてあり何ともかっこ良いなと感じました。

よくパット・マルティーノのことをマシンガンのようなギターだということが多いと思いますが、初めて聴いた時は本当にそのマシンガンのようなフレーズに圧倒されました。

そこかから10数年いつか見に行きたいと思いようやく昨日見に行くことが出来ました。

見たいミュージシャンはほとんど東京や関東方面にしか来ないことが多く、来ても大阪なので最近はほとんど大阪にしかライブを見に行っていませんでしたが、今回は名古屋、しかも初めての名古屋ブルーノートでした。

思っていたよりも狭い空間だったのでよく見れるなと思いながら開演時間を待ちました。

そしてほぼ時間通りに開演し、メンバーの登場です。

最初にギターを持って来た人がパットでは無かったのであれっ?と思ったのですが、それはオルガンの方でパットことを思ってかその重そうなギターを持って来て上げてたようでした。

そこから70分あまりパット・マルティーノの世界でした。

しかも初めて聴いた時と同じ形式のギター、オルガン、ドラムのウェス的トリオだったので本当に初めて聴いた時の感じそのままに感動しました。

パット独特のフレーズ、同じフレーズを連呼してバンド全体が高揚してくる感じ、そのど太いフラットワンウンド弦とオルガンの絡みで形成される何ともダークでクールな世界、どれもパット・マルティーノそのままの世界でした。

いつまでもお元気でまた来日して大阪か名古屋に来て頂きたいです。

また必ず見たい。

素晴らしいギタージャズミュージックでした。

良い感じ!

[PR]

# by 1971cb750k1 | 2017-09-06 19:09 | 音楽 | Comments(0)
2017年 08月 25日

ML725

e0204594_22231231.jpg
今回思い入れがありかなり長文です。

血液検査の結果があまり良くない項目、生活習慣病というやつですが運動をする必要があるなと思って以前に買った小径車に乗り始めて良い感じに体重も減って体調も良いか感じと思っていた矢先に雨上がりに乗っていたところスリップして転倒して鎖骨を骨折したのが1年ほど前。

それからしばらく自転車に乗ることも出来ずにいてまた運動不足で血液検査の結果もまたあまり良くないということで、この春ぐらいから、また自転車に乗り始めました。

今回は道路が濡れている時は走るまいと決めて、天気の良い日、道路が乾いている時はほとんど乗っていたら血液検査の結果も先生が驚くほど良い感じなり、その1度に走る距離も段々と増えて来て1日30km前後走るようになっておりました。

ペダルを漕いで走っていると漕ぐのに必死で何も考えずに済んで自分が決めた距離を走るのも達成感があって何となく楽しくなって来てました。

そんな中もう少し距離を伸ばしたいなと思っても小径車なので自分の脚力では中々体力と時間が無く頭打ちになって来て、そんな時にふっと大きい自転車に乗りたいなと思うようになりました。

もちろん今の小径車はものすごく気に入っていますしダイエット効果には小径車の方が良いと思います。

只、かなり前にクロモリでメッキラグのロードバイクが欲しいなとかなり真剣に色々と調べていた時期があり、その時はバイクもあるし小径車も買ったなら尚更乗らずに済んでしまうと諦めておりました。

それがまた今回のことで再熱し始めました。

クロモリでメッキラグのロードバイクが気になるきっかけとなるあるロードバイクがあるのですが完車での合計金額はかなり高額となりそれにはやはり手が出ない。

只、最近のモデルでそのロードバイクの廉価版というようなモデルが出ていて雰囲気はかなり似ており価格も少々思い通りにカスタムしても何とか手が届くかなという感じでした。

そこで知り合いのロードバイクや自転車に詳しい方がいるので、その方が行っている自転車屋さんにそのモデルの在庫があるということで紹介してもらって行くことにしました。

行ってみると親切にしてもらって価格も結構値引きしてもらいこれなら買えるかも思っていたところ問題が発生したのでした。

背の小さい自分に合うフレームのサイズは何とトップチューブがスローピングということでした。

自分の譲れない条件としてクロモリ、メッキラグ、スレッドステム、ホリゾンタルフレームというものでしたので、ここでまた振り出しに。

そこでこの時点で最有力候補のフレームがどのぐらいトップチューブが下がっているのか、それが自分が許せる許容範囲かどうが確認するためにいつものように調べまくりました。

只、今回はネット、電話をフル動員しても中々有効な情報が得られませんでした。

そんな中、今回のキーとなるお店に電話することで色んなことが動き始めます。

そのお店は桑名にある「WILSON CYCLE BLACK」さんでした。

もし在庫があれば見せてもらえれば、無くても現車を取り扱っていたのならどんな感じかと聞ければと電話しました。只、残念ながら在庫は無し、スローピングの具合もやはり許容範囲には個人差があるので何とも言えないと話していると他のメーカーで予算も希望ぐらいで出来るとのお話を聞いて、サイズの詳細もあるので出来れば来店してもらえればということになりました。

そうなれば間髪入れずに行ってしまいます。

そうは言え初めてのお店。少しばかり緊張します。

そんなこんなでお店に到着。緊張の面持ちでお店に入ると美しい自転車ばかり。特に吊ってあるクロモリフレームは素晴らしい物ばかりで見とれてしまいます。

電話対応して頂いた店長さんとスタッフさんにご挨拶をして早速お話を聞いてもらったりフレームはのサイズを見てもらったりしました。

そこで2つ程候補があったのですが1つは全く同じではないけどサイズがぴったりの試乗車があるということで乗せて頂くことになりました。

高価な自転車、こかしてはならないとそれこそ緊張して乗り始めたら何とも爽快。しかもポジションも思っていたより楽。

素晴らしいなとばかりに試乗を終えてお店に戻りました。その後も店長さんとお話をさせて頂いたのですが一見クールそうに見える方なのですが、お話が熱く知識がもの凄く豊富。特にクロモリに関してはかなり凄い方だとど素人の自分でも分かりました。しかも自分が住んでいる町にもゆかりがある方で縁というのは凄いな思いました。

バイクの時の「moto-JOY」さんもそうですが導かれるようにそのお店に出会う時があります。何を買うかより、どこで買うか、誰から買うかこれが1番大切だといつも思います。

お店も人も素晴らしい。そして試乗させてもらったロードバイクも素晴らしい。

そうなれば話は早いです。その試乗させて頂いたロードバイクのメーカーにすることに決定。

そのロードバイクのメーカーは「Muller」モデル名は「ML725」

このメーカーがあるのは三重県の桑名市。メーカー創業当時からしばらくは開発に店長さんが加わり数々のモデルを作られており今回のモデルもその1つです。

パイプの話し、しなりの話し、自転車全般におけることを色々とお話を聞いていると全く何も分からない自分もそんな方が作られたフレームなら信頼出来るし、また三重県のメーカーとなれば地産地消では無いですが愛着が湧くなと思いこのメーカーにするポイントとなりました。

只、決めたのは良いのですが色が2つ在庫があってどちらにするかかなり悩むことになりました。正直言うと思っていた色が無かったので悩むことになるのですが今考えると希望の色より今回決めた色で良かったと思います。

それも店長さんからアドバイスを頂いたのが大きいのですが、それもお店にある店長さんが組んだ自転車がパーツの選択、またその色の選択が素晴らしく、またこの時に前から持っていたサドルを今回付けたくて持って行ったためそれをフレームと合わせるとやはり今回選んだフレームの色の方がしっくり来たのでした。

ここからコンポは何にするか、ホイールは何にするか、ハンドルは、ステムはと各パーツを決めていくのですが大まかには店長さんにお任せした方が良いものに仕上がると思いお任せすることにしました。

そこから細かいやり取りをして今週の月曜日に納車となりました。

完成車を見た時に思っていたより素晴らしかったので感動しました。バーテープは納車時に決めましょうということでこの時点では巻いていなかったのですがバーテープを決めて巻いて頂くとこれまた素晴らしく乗るのが勿体無いと思いました。

各部の操作方法やこちらの要望でチューブ交換の方法を教えて頂き無事に納車となりました。

本当に良い自転車と良いお店に出会えたと思います。

この自転車と出会いを大切にしたいと思います。

良い感じ!

[PR]

# by 1971cb750k1 | 2017-08-25 00:54 | 自転車 | Comments(0)
2017年 07月 13日

青葉市子 at BillBoard Live OSAKA

e0204594_13552441.jpg
以前に記事にも書きましたがデビューして間もない頃に音楽雑誌やその他のメディアで目にして気になって聴いてみていつかはライブに行ってみたいと思っておりました。

青葉さんが入場して来た時にすでに空気が変わった気がしましたがギター鳴らした瞬間更に空気が変わり声を出した途端に会場すべてが青葉さんの世界の空気感に飲み込まれた感じがしました。

途中phonolite stringsというストリングカルテットが入りそれがまた素晴らしく最後までその空気感にお客さんは心地よく包まれながらライブは終演しました。

以前の記事にも書きましたが青葉さんを始めて聴いた時にジョアン・ジルベルトの「声とギター」というアルバム聴いた時のことを思い出しました。

このアルバムのプロデューサーであるカエターノ・ヴェローゾがこのアルバムでのジョアンのことをこう言ってました。

『これよりいいものといったら沈黙しかない。そして沈黙をも凌駕するのはジョアンだけだ。』

まさに目の前でそのような時間が流れておりました。それと所謂ポルトガル語でいうところのSaudade。

何とも素晴らしく夢のような感じがする時間でした。

アンコールは青葉さんを初めて聴いた曲「レースのむこう」でした。青葉さんとphonolite stringsのリーダーで今回のストリングスのアレンジャーの水谷さんのコントラバスとの二人の演奏でしたが上手く言えませんが音楽が人々を魅了するすべての要素が溢れた演奏でした。

本当に良かったな。

[PR]

# by 1971cb750k1 | 2017-07-13 14:31 | 音楽 | Comments(0)
2017年 06月 22日

Performance 2017 in festival hall.

e0204594_18340507.jpg
今回のツアーも有難いことに無事に行かせて頂くことが出来ました。毎回フェスティバルホールで見させて頂けることに本当に感謝しております。

ライブの内容は言うまでも無く達郎さんはもちろんのことバンドのメンバーと共に最高のパフォーマンスでした。当日の豪雨で新幹線が遅延して何人かのメンバーの方が会場に入ったのは何と開演の15分前の6時15分だったそうでリハは無しだったそうです。

もし到着しなければ達郎さんが一人で到着するまでやろうかと思ってましたと言うわれてました。ちょっとそれも見たかったけど無事に到着して良かったです。リハ無しで出来てしまうのはバンドのメンバーの皆様のスキルの高さとバンドの結束の深さ、それといつも同じ環境を作り出すスタッフの皆様の凄さだと今回の件で改めて達郎さんを中心にしたこのツアーがなぜ凄いのかを感じることが出来ました。

それと曲の演奏はもちろんですがここ最近のツアーはMCが本当に心に沁みます。演者も自分を含むお客さんも年齢が高くなって色々と思うところがあるというのが1番の理由だと思いますが達郎さんの音楽に対してまたお客さん対して、それと大げさな意味ではないこの国に対しての姿勢と行動と信念に感銘を受けるのだと思います。

今回のライブも3時間越え。いつもあっと言う間です。達郎さんはやれるうちに精一杯にと言うわれてましたが、こちらもチケット取るのは簡単では無いかと思いますが見れるうちに精一杯見て聴かせて頂ければと思います。

それにしても本当に凄い方だと思います。

自分もまたフェスティバルホールに行けるように精進いたします。

良い感じ!!



[PR]

# by 1971cb750k1 | 2017-06-22 18:58 | 音楽 | Comments(0)
2017年 06月 11日

STING 57TH&9TH TOUR WITH SPECIAL GUESTS JOE SUMNER AND THE LAST BANDOLEROS

10日にスティングのライブを見に大阪に行って来ました。

今回はニューアルバムからはもちろんのことポリス時代、ソロの時代の有名曲を多く演奏しておりファンにはかなり嬉しいセットリストではなかったでしょうか。

スティングは姿も声も衰えること無く素晴らしいパフォーマンスでした。バンドももちろん素晴らしく、それとオープニングアクトのTHE LAST BANDOLEROSは良いバンドで短い時間でしたが素晴らしいパフォーマンスでした。

それにしても素晴らしい曲と何よりあの声がやっぱり凄かった。

素晴らしいライブでした!

[PR]

# by 1971cb750k1 | 2017-06-11 16:43 | 音楽 | Comments(0)