1971年製のバイクと人

cb750k1cr.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 14日

PERFORMANCE 2010

e0204594_12352722.jpg

先月頭の話ですが、山下達郎さんのライブに行ってきました。今回で3回目です。

いつもながら本当に感動します。

中学生の時に兄貴が86年に「ON THE STREET CORNER 2」という一人多重アカペラアルバムを買ってきて聞いたのが出会いです。

それまでも山下達郎という人は知ってましたがアルバムは聞いたことは無くmaxellのCMの人ぐらいの認識だったと思います。

このアルバムを聞いた時は衝撃でした。兄貴の影響でアメリカングラフティーやブルースブラザースのサントラが好きだったのでDoo-wopの曲を一人アカペラでというのは衝撃でしたね。

確か前年に出たトッド・ラングレンのこれまた「A Cappella」というひねりが、かなり効いた変化球アカペラアルバムに中に"Pretending To Care"という曲が入っていてこれがまた声のウォールオブサウンドというか声の洪水みたいな名曲で、そのこともありアカペラというキーワードに敏感になっていました。(この二人にはかなり共通点があることを後になってから気づきました。)

その後あるきっかけでラジオ番組の「サンデーソングブック」を聞き始めたのですが、それからはどっぷりハマってオリジナルアルバムやシュガーベイブ、CM曲集等買いあさりました。

この番組を聞くと聞き始めた頃のことや、東京に居た頃、入院中など色んな場面を思い出します。本当に生活の一部です。(そういう方多いと思います。)

初めてライブに行ったのは東京にいたころで、会場は達郎さんもお初のNHKホール。もの凄く感動しました。レッツダンスベイビーのエンディングでお決まりの脚立でマイク無しシャウトを聞いた時は鳥肌がたちました。

今年行ったコンサートで"潮騒"を演奏する前に(ネタバレすいません)この曲をやるのは12年ぶりだと言ってましたが、初めて行ったコンサートがその12年前でこの曲のことを凄くよく覚えていたので何か感慨深く時間の経つのは早いものだとつくづく思いました。

来年からは今までより精力的にライブをやるとのこと。ファンには本当に嬉しいことだと思います。

12月には奥さんの竹内まりやさんのライブに行きます。

これまた本当に楽しみです。


先日所属レコード会社社長様が死去されたことを知りました。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-14 13:43 | 音楽 | Comments(0)


<< 職場復帰。      The King of Roc... >>