「ほっ」と。キャンペーン
2012年 06月 01日

尾崎紀世彦。

早いもので今日から6月。

いつの間にか春は過ぎ蒸し暑い。梅雨入り間近やな。体調崩し気味で季節の代わり目を感じ、それでも毎月恒例の朔日参りを気持ちよくお参りし良い感じでスタートしたと思った本日、残念なことにまた偉大な歌手の訃報をニュースで知る。



その偉大な歌手の名は尾崎紀世彦さん。

自分が生まれた1971年にあまりにも有名な曲「また逢う日まで」で日本レコード大賞を受賞。作詞は阿久悠、作曲は筒美京平、数限りなくヒットを飛ばすゴールデンコンビ初のレコ大受賞曲。

もちろんリアルタイムでこの曲を聴いた訳では無いけど、兄貴の友達がカラオケで歌うこの曲があまりにも良い曲で印象に残ってたところ、NHKの歌番組などで洋楽のカバーを、それこそオリジナルよりも良いのではと思うほどの歌唱で歌う尾崎さんを見て感動しました。

歌謡曲はもちろんのこと、ポップ、ジャズ、ハワイアン、カントリー等、何を歌っても歌の巧さはもちろんのこと、その言葉の発音等を聞いてもそのつぼを押さえた歌唱は音楽への造詣の深さが垣間みれました。


NHKの歌番組でこの曲を一人で歌ってるのを聞いた時は(この動画も素晴らしいが、その時の一人で歌ったテイクは本当に素晴らしかった!)本当に感動しました。

なぜかここ1ヶ月ぐらい前から尾崎さんの歌が聞きたくてYou Tubeなどで聞いて改めて凄いなと思い最近のことなど調べていたところでした。

1度は生で見たかった。本当に残念です。

良い歌をありがとうございます。

ご冥福をお祈りいたします。


[PR]

by 1971cb750k1 | 2012-06-01 19:06 | 音楽 | Comments(0)


<< Vocoder.      Donald 'Duc... >>