1971年製のバイクと人

cb750k1cr.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 10日

検査結果。

久しぶりの投稿。

この地方は今年伊勢神宮の遷宮があって夏から内宮、外宮のお白石持ち行事に参加したり、毎年恒例のイベントがあったりといつもより楽しくも慌ただしい夏を過ごしておりました。

そして少し涼しくなった(ここ最近は10月とは思えん暑さ!)先月末に、これもあまり嬉しくないけど恒例のCT検査に行って来ました。

それではこれも恒例の覚え書きです。

検査事態は造影剤がちょっと気持ち悪いけど楽なもの。その結果が分かるのがこの日から4日後。

いつものように緊張の中その日を迎え一路病院へ。

採血を済ませ約1時間後自分の診察の番号が呼ばれ診察室へ。

毎度毎度緊張の一瞬です。

先生に挨拶をしてすぐに結果の話かと思えば近況話し。

早く結果教えてーっ!と心の中でびびりながらも叫んでいたところ、いつもとは違う切り口で結果の話が始まりました。

先生「ほとんど問題無いんやけど...」

自分「...」(血の気が引いて行く)

先生「これ見て」

自分「...」(さらに血の気が引いて行く)

先生「甲状腺に何か出来てる」

自分「えっ!?」

この後、先生から何か症状はあるかとか、触診とかされましたが頭の中が真っ白のような、色んな思いがぐるぐると回っているようなであまりよく覚えていません。

気づいた時は先生に「そんなにため息つかんときない。ほんじゃー耳鼻科で診てもらって来て」というわれて放心状態で耳鼻科に向かいました。

耳鼻科にて診察の前になんじゃかんじゃとインターンの実習生に今の症状についての質疑応答があったり、今日は込んでて検査が出来ないかもと告げられたりと中々スムーズには行きません。

初診は時間がかかります。気持ちは焦ります...。

でも思ってたより早く順番がまわってきて診察室へ。

初めての耳鼻科(この病院の)、初めての先生...。

色々と説明がありましたが、先生ぼくは大丈夫なのでしょうかと涙目でうったえてたしか記憶がありません。

画像ではあまり悪いように見えないけど、この出来物の中身を注射で吸い出して一応検査しましょうということになりました。

先生「麻酔なんかしてると余計とその分も痛いで麻酔は無しで!2回注射します!!」

自分「首に注射!それも2回も!!」

気が遠くなりそうでした。

小学生のように「先生その注射は痛いのれすか」と涙ながらに聞きたいところでしたが、そのパワーも無く言うわれるがままに処置を受けました。

注射の痛みはあまりのびびり具合に気がそれたのか先生が上手なのか目出たく痛みはあまり感じませんでした。

そんなこんなでこの日の診察&検査は終了。結果は10日後。

それで本日検査の結果を聞きに病院へ。

この間はちょっと何か開き直ってしまったところもあってか強迫観念がそんなに出ることも無くこの日を向かえました。

でもいざ診察室の前に行くとやっぱり緊張します。目の前で手術日はいつだとか自分もまた手術しなければいけないのかとか悪い方に考えてしまいがちになります。

そして自分の番になりいざ診察室へ。

緊張の一瞬です。(くどいようですが...)

ちょっと間があり先生から告げられた結果は...。

「問題ありません」

これも毎度ですがこの瞬間血の気が戻って目に入る物の色まで鮮やかに見えるような気さえします。

本当に良かった!

今回の病名は甲状腺嚢包。

今回は右側だったのですが、まだ左にも小さい嚢包あって今後他にも出来たり放っておくと、もしかすると悪いものになるかもしれないので今後は経過観察ということになり次回は半年後に検査ということになりました。

自分の持病の家族性大腸腺腫症は大腸以外にも至るとこに色んな病気が発生する確率が健康な人より多いというわれています。

そんなこともあって消化管外科の主治医の先生はいち早く検査を勧めてくれました。

今回はその病気との因果関係は無いと耳鼻科の先生には言うわれ一安心ですが、やっぱり自分の体は注意深く診ていかないといけないなと今回改めて思いました。

今回もそうやけど体が弱いと自分ばかりじゃなく家族や周りにも心配かけることになったりお金もかかるし、それがまた自分も心労になって負の連鎖になってしまいがちになります。

家族性大腸腺腫症と診断されておよそ30年、この前の手術から今月で4年。

中々気が楽になる時が無いけど人生出来る限り楽しんで、摂生するところはして、定期的に検査して心も体も大事にしないといけないなと今回気が引き締まりました。

ちょっと気が揺るんどったかもと反省です。

これで今年の検査は全て終了です。

本当に良かった!

今から色々楽しむぞ!!

良い感じ。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2013-10-10 18:21 | 家族性大腸腺腫症 | Comments(0)


<< 車検完了。      第62回神宮式年遷宮 お白石持行事。 >>