「ほっ」と。キャンペーン
2014年 01月 21日

佐久間正英。


自分の青春時代の景色、匂い、そして何とも言えない感情までも思い出せるような音楽。

そんな音楽の数々の大多数に関わっていた偉大な音楽家の佐久間正英さんが先日お亡くなりになりました。

自分と同じ世代の音楽好きなら、この方の関わった音楽に何かしら影響を受けている。というかいつの間にか耳に入り血と肉なり、その時代の音楽小僧達は佐久間さんの存在を知る、知らない関わらず、その音楽から逃れられた人はいないと思います。

自分は後者の佐久間さんのことをあまり知らずに(音楽家としての偉大さはもちろん以前から存じております。)最近までいましたが、去年闘病していることを知ってから、色々な記事を読んだり映像を見る機会があったりして改めてそのあまりにも広範囲にわたる影響と、今では当たり前とされている音楽におけるスタイルの礎を佐久間さんが築かれたことを知り驚愕しました。

ベーシストとしての奏法の面でも、ベースのピッキングにおける弦に対してのピックあたる角度がいくつかあるのですが、自分は昔から周りのみんなと逆の角度で、こっちの方が音が良いなと確信もないままに思っていたところ、何かの記事で佐久間さんのベース奏法で有名な逆アングルピッキングの解説を読んで自分のベースのピッキングスタイルは間違ってなかったと嬉しくなったことを覚えています。

青春時代にその素晴らしい音楽を体験することが出来て、そのおかげでバンドで演奏する素晴らしさを知り、本当に楽しい青春時代を過ごすことが出来ました。

本当に素晴らしい音楽の数々をありがとうございました。

ご冥福をお祈り致します。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2014-01-21 12:35 | 音楽 | Comments(0)


<< サンデーソングブック。覚え書き。      Viking. >>