1971年製のバイクと人

cb750k1cr.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 15日

今年の検査終了。

今日は定期検診で採血もして異常無し。

これで今年の検査がすべて終了しました。

今年も何とか健康でいられました。

只、周りでは亡くなられる方々もあって本当に悲しく寂しい限り。

この前に学年で三つ上の兄貴の友人が突然病気で亡くなった。

本当に突然。

この間、兄貴と会ったばかり。

その時は疲れてはいたような感じもしたものの亡くなるとは全く思えない感じだったとのこと。

突然の訃報に何が起こったのかも分からない。

親より早く亡くなることは、その両親はもちろん、その本人が1番悲しく空しかったかと思います。

まだ40代。

されど40代。

歳をとるというのはこういうことかと最近つくづく思い知らされることが本当に起こる。

自分も生死に関わる病気をして、というか幼い頃からこの病気と共に生きて来たけど本当に目の前に生死が関わる事が起こった5年前から本当に人生観が変わった。

今日で今年の定期検診と検査が終わって手術をしてから丸5年。

再発無しで丸5年。

やっと少し肩の荷が下りた気分もしつつ、何とも感慨深い気持ちです。

人は漠然と人生は続く、又はそんなことも考えもしないから、建設的に又は献身的に生きられるのだなと思うこの5年でした。

「生死や人生と考えても答えの出ないことは考えても仕方なく、生きているだけで有り難いと思い自分にやれることをやるだけ」と、人生の大荒波を越えて来た先輩が言った言葉が妙に突き刺さり、今更ながら自分のやれることを考えております。

かなり保守的、かなり小さく纏まった方向に進むのは必至ですが、楽しさも嬉しさもかなりの少量で多幸感が得られるようになってしまった我が人生。

それだけが病気をして、又は自分が望んででは無いけど色んな事を経験して得られた強みでしょうか。

生きてるうちに、やれるうちに。

あまり力まずやれたら良いな。

大切な方々のご冥福をお祈り申し上げます。

本当に色々とありがとうございました。

安らかにお眠り下さい。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2014-12-15 17:34 | 家族性大腸腺腫症 | Comments(0)


<< 2014年。この1年。      甲状腺。 >>