1971年製のバイクと人

cb750k1cr.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 24日

Reamp.

e0204594_16425570.jpg

予てからやらなければと思っていたリアンプをしたので忘れないように以下に書き留めておきます。


dawのリアンプしたいデータのPANをL側に振り切り、インターフェイスのスピーカーアウトのL側からケンパーのINに入れる。

ケンパーのOUTからインターフェイスのIN(今回はIN-2)に入れる。

dawの受ける側のトラックのRecボタンはオンにしてモニターボタンはオフ(ここが大事。これをオフにしないとハウリングします)にする。

各レベルと音色を調整して録音する。

この場合の困ったところはモニターしながら音の調整と録音が出来ないところ。

なので録音した後で音の確認をしなければならない。

モニターしながらの調整、録音をしたい場合はアウトの系統がメインアウト以外にあるインターフェイスが必要になる。

まとめとしてアウトの系統数が多いインターフェイスが欲しいところやけど音質的に良いのは高い。

それにリアンプもあんまりすることないし、それ以外にアウト系統が多い必要がある場面が今のところほとんどない。

録音した後での確認は面倒やけど、そこまで手間では無い。音質的にも満足でした。

以上。


これでリアンプについては何も買わずに済みそう!

あー、良かった。

良い感じ。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2016-01-24 17:35 | 音楽 | Comments(0)


<< とりあえず良かった。      Platina Jazz Or... >>