「ほっ」と。キャンペーン
2016年 11月 05日

やってしまった...。

e0204594_22451886.jpg

戒めの意味で書いておきます...。

そろそろちょっと慣れてきた750F1で右や左やと曲がるのが楽しくなって来まして、地元のプチ峠道で、あはは、あはは、楽しーなー、楽しーねーと調子に乗ってぐるぐると往復してましたら、Uターンも慣れて来まして何回目かで少し速度を抑えるのを怠ってUターンしようとしたところ曲がりきれずバタンと立ちごげ!!

あーっ!!やってしもたーっ...。

前のMHRでもそうでした。慣れて来た頃、調子に乗って立ちごけ。

セパハンで初めは小心者なのでかなり慎重に乗っているのですが、段々楽しくなってきてこの有り様です。

成長がありません...。

心が痛い...。

破損状況はスクリーンだけで済んだのですが、このスクリーンがオリジナルはほとんど在庫無し。

数個あったのですがびっくりする価格。

リプレイス物もほとんど無し。

心が痛い...。

旧車に乗っているなーとこういう時に実感、いや痛感します。

一こけ目が出る価格、もしくはパーツ無し。

素晴らしき絶版車の世界...。

その危うさが魅力の一つであることに間違いはありません。...よね(苦笑)

でも、不幸中の幸いでスクリーンを探して何件もお店に問い合わせしてたところ、このバイクに関してはエキスパートな方のお店にて、一見にも関わらず親切にして頂いて、スクリーンの在庫も有り、今後も何かあればいつでもどうぞと親切丁寧な対応して頂きました。

その他のお店の方も色々と対応して頂いて本当に感謝です。

バイクをこかして、ましてや破損があれば悲しくてしばらく夢にも出そうになりますが、今回は素晴らしいお店を知ることが出来てそれは本当に良かったなと思います。

今回の件でお騒がせしました全国のお店の方々本当にお世話になりました。こんなところで感謝の言葉を書いてもどなたもこのブログを見てはいないとは思いますが本当にありがとうございました。

こういう時の優しさは本当に沁みます。

それにしてもこのスクリーンを見るたびに心が痛みます。

調子に乗るな。

ゆっくり、丁寧に。

忘れないように。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2016-11-05 22:45 | バイク | Comments(0)


<< 曽爾高原      KOJI TAMAKI CON... >>