<   2010年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 27日

曽爾高原。

e0204594_1892946.jpg

今日はバイクに乗ってとことこと三重県と奈良県の県境にある「曽爾高原」に行ってきました。

前から行きたかったところで、噂どおり辺り一面ススキのきれいな風景が広がってました。



e0204594_18211088.jpg

ススキの小径を抜けてこんなハイキングコースを上がって行きます。



e0204594_18225267.jpg

途中で見下ろすと湿地化した「お亀池」がよく見えます。



e0204594_1825519.jpg

亀山峠からみた斜面です。ここもススキがいっぱいです。今日は天気も良く空気も澄んでいて遠くまで景色が見えました。

ちょっと休憩して景色を眺めながら下ります。

観光客の皆さんはお弁当持参であちこちで食べてました。こんな風景の中でご飯を食べたらさぞかし美味しいだろうと思いました。次回は何か持って行こ。



e0204594_18373539.jpg

はいっ。駐車場に到着。バイクも何台か止まってました。それにしても今日は寒かった。


夕日に染まるススキの風景は本当にきれいだろうし、日が暮れるとお亀池周辺に「曽爾高原 山灯り」として灯籠が灯るということ。

今度はぜひその時間まで居よう。

それにしてもススキというのは日本人の郷愁をかられますね。

やっぱり行って良かった。

良いもの見たわ。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-27 19:00 | バイク | Comments(0)
2010年 10月 25日

39才。

e0204594_15365297.jpg

このバイクは39年前に生まれました。

最新型のバイクに比べると...。

・走り出すまでに暖気の時間がちょっとかかります...。
・勇ましい音の割にはあまりスピードも出ません...。
・かといってブレーキもあまり効かずにすぐには止まれません...。
・ガソリンもよく減ります...。
・...などなど。

経年劣化で色褪せしてたり腐食してる部分があったりとまるで今の自分を見てるようです。

まだうちに来て9日目ですがそんなことを眺めたり走ったりしながら思ったりします。

そしていつまで乗れるかわからないけどバイクも人も整備と点検をして末永く穏やかにのんびりと走り続けたいなーとも思います。



バイクも人も産んでくれたことにありがとうございます。

バイクも人も整備と点検をしてくれたことにありがとうございます。
 
そしてバイクと人を出会わしてくれたことにありがとうございます。



今日もそんなこんなでバイクも人も気持ち良く走ることが出来ております。

39年前の今日、自分は生まれました。

人馬共に39才。

良い誕生日です。

感謝。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-25 16:43 | バイク | Comments(0)
2010年 10月 24日

Rolling Piano Man!リクオ Live in capjuby! 無事終了。

e0204594_1757233.jpg

昨日23日(土)のリクオさんのライブ(詳しくは前回の記事にて。)が無事終了致しました。

久しぶりのカップジュビーは見るのも演るのもやっぱり良いなー。

演奏させてもらってる時はもちろん楽しく気持ち良いんやけど、外ちゃん、リクオさんそれぞれのソロと共演すべてが素晴らしく気持ち良かったです。

そんなお二人を見て聴いて来年発売予定の外ちゃんのアルバムは本当に良いものになると思ったし、リクオさんCDデビュー20周年記念イベント『ホーボー・コネクション』もきっとすごいイベントになると感じました。

外ちゃん参加させて頂きありがとうございました。

音楽やってて良かった。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-24 19:34 | 音楽 | Comments(0)
2010年 10月 20日

リクオさん。

e0204594_20143814.jpg

今週末の23日(土)に伊勢市内宮前おはらい町にある「cafe カップジュビー」「リクオさん」のライブがあります。

東京に居た頃リクオさんのステージのお手伝いをさせて頂いてた時がありました。

今思えば夢のような時間でした。ステージ袖で見るリクオさんのライブに手伝いの仕事も忘れて感動してました。

間違いなく日本で屈指のピアノマンそしてシンガーソングライター&エンターテイナーです。音楽ファンはもちろん、その卓越したピアノはミュージシャンからの人気も高くそれはセッション参加、共演したミュージシャンを見れば一目瞭然です。

その歌とピアノは楽しく切なくそして元気にさせてくれます。


そしてspecial guestには今回の会場カップジュビーのマスター、そして伊勢の重鎮ミュージシャン外村伸二さん(g. vo. )です。今回自分も少しベースで参加させて頂きます。

外ちゃんは自分にとって音楽の先導者であり兄貴的存在。その歌と言葉の世界はまるで映画を見てるかのようです。それは何でも無い日常を、少年の頃の日々を、恋の物語を、変わりゆく季節の匂いと共に。

多数のミュージシャンからカバーされる名曲「こい・コーヒー」収録予定の自身21年ぶりのアルバムも来年発売予定。乞うご期待。


良い音楽と良い時間を過ごしたい方ぜひどうぞ。

見終わった後、必ず心が元気になってます。


Rolling Piano Man! リクオ Live!
special guest 外村伸二 (g. vo. )
場所 cafe カップジュビー
日時 10月23日(土) p.m.7:30 start
live charge: 前売り3000yen当日3500yen(要drinkオーダー)
予約受付0596-23-8560     
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-20 21:11 | 音楽 | Comments(0)
2010年 10月 18日

瀧原宮

e0204594_16183241.jpg

今日は内宮に用事があったので少し寄ってお参りしてから瀧原宮にお参りしてきました。

この瀧原宮はバイクでよく行く場所。前も違うバイクで同じ構図で写真を録ったなー。

昨日はパールロード周りで伊雑宮にお参りし今日は朝一で内宮に、そして瀧原宮へとすべてご祭神は天照大御神様。こんな場所が近くにあって有り難いことです。感謝。

どのお宮さんも行くと本当に不思議とすっきりします。

そしていつものとおり瀧原宮へ行ってから42号線を松阪方面に少し行ったところにある多岐原神社にお参りしました。

この神社は瀧原宮の神職さんにぜひ行ってみて下さいと勧められて行った場所。

何を勧められたかというと倭姫命が相鹿瀬より宮川を遡っていたところ、ここが砂も流れる早瀬で難渋していた。その時、真奈胡の神の案内で無事通過できたという言い伝えがあり、そのころとあまりかわらない風景が神社のすぐそばで見られるというもの。

確かに神社から少し下ったところに川(宮川)がありその風景は中々見応えのあるもの。まさに原風景といった感じです。

画像があれば良いのですが自分の腕では写真に上手く収められないので割愛しました。

興味がある方は行ってみて下さい。

ここもやっぱり何かすっきりしますよ。

今日で納車から3日。総走行距離は350km。中々のペース。

バイクで走った後もすっきりします。

良い感じ。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-18 16:23 | バイク | Comments(0)
2010年 10月 17日

日課。

e0204594_1882944.jpg

涼しくなってから体力づくりのために夕方に散歩へ行くのが日課になっております。

ここら辺は田舎なので午後五時になると「夕焼け小焼け」が町内放送で鳴ってきます。

BGMとしてはこれ以上の曲は無いなーとこんな風景を歩きながら思います。

仕事が終わって家路を急ぐ人、ウォーキングをする人、犬の散歩をする人、つりをする人...。

みなさん中々絵になってます。

良い感じ。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-17 18:25 | 日常 | Comments(0)
2010年 10月 16日

主役登場。

e0204594_1930503.jpg

このブログの主役の登場です。

本日無事に納車されました。今回お世話になったのは「moto-JOY」さんというお店。

このmoto-JOYさんはバイクや車に関して由緒正しき鈴鹿サーキットのお膝元の三重県鈴鹿市にありトップレーシングコンストラクター、クオリティの高いパーツメイカーとして名高い「OVER Racing」を母体とした絶版バイクショップです。

moto-JOYさんを知ったのは自分が入院する時に買ったMOTO NAVIというバイク雑誌に載っていたのがきっかけ。

その時は鈴鹿にこういうお店があるんやというぐらい。その5ヶ月後何とか退院したのですが体力気力共に落ちていたので普段の生活をするのもやっとでバイクに乗れるなんていつになることやらという状態でした。

退院してから4ヶ月ぐらい経った頃、やっとバイクに跨がるぐらいは出来るようになってその1ヶ月後ぐらいに何とか乗れるようになりました。

でも季節は夏。今年の暑さは体力の無い自分にはバイクはおろか外へ出るのも辛い暑さで夏は乗れずじまいでした。

この時乗ろうと思っていたバイクはのホンダのバイクでもう1台ドゥカティのバイクがあったのですがオイル交換するために1度だけエンジンをかけたのみ。そのエンジンも9ヶ月ぶりにかけるために中々かからずキックすること数十回で何とかかかる有り様。オイル交換が終わった頃には精魂尽き果ててました。

この頃からですね。バイクを手放そうと思ったのは。

ちょうど2台共に11月で車検が切れるので最初はホンダのバイクを250ccのバイクに入れ替えてドゥカティは置いておこうと思ったのですが、今でさえ乗れない上に、来年入院が決まっている体で一連の動作が健康な時でさえ体力のいるバイクが乗れるのは何年先になるかと錆びたローターを眺めて思いながら何を思ったかセンタースタンドを上げてみようと試したところ案の定あげることが出来ずにむなしくサイドスタンドをかけました。

この時に手放す決断をしました。

この頃と同時に昔から興味のあったCBを雑誌やネットで見て物欲妄想を膨らませてました。CBならセルも付いてアップハンドル。今の自分でも乗れるなーなんて思いながら...。

でもこの時点では妄想であって本当に買うことになるとは思ってもいません。

この時、不思議なことに雑誌を見るたびに掲載されていたのがmoto-JOYさんで扱っているのが絶版車。今から思えばこの頃から何となくご縁のようなものを感じ始めてましたが...。

そしてこの時の物欲妄想の条件として同い年のCBというのがあり、ネットで検索すると何とこのmoto-JOYさんがヒット!

すべてが繋がった気がしました。

干支がいのししの自分はこうなれば猪突猛進。気づいた頃にはmoto-JOYさんに行ってました。

この時は店長さんがお休みで部長さんが接客してくれました。

猪突猛進な自分もやはり専門店は正直入りにくい印象ですし緊張もしましたが、この部長さんが良いお方で本当に有り難かったです。

今まで同じお店で買っていてそのお店も良くしてくれたのですが今度は絶版車を買うなら専門店で、お店の人も気さくな人のところが良いと思っていたのでmoto-JOYさんは願ったり叶ったりでした。

またまた今思うとこの時点で賽は投げられていたと思います。いつものことです。後戻りは出来ません...。というかしません。

一旦この時はバイクを見てよりいっそうはやる気持ちを押さえて帰宅。

次に行った時は店長さんがみえました。この方も本当に気さくなお方。というかきっとこの会社さん自体の経営理念が志が高く、また社員の皆さんに浸透してる結果なんやなーと何となく思いました。

そしてこの時も気づけば見積もりを出してもらってました...。

一応この時は先着優先という条件で購入表明だけさせてもらい、一旦はやる気持ちはすでに爆発してる中帰宅。

購入出来るような段取りをして連絡を入れるまで、毎日moto-JOYさんのHPを売れてはないだろうかと冷や冷やしながら見ていました。

その後、何とか無事に本契約をして、はれて今日納車となりました。

長文でまわりくどく書いたはいいけど「CBが欲しかっただけやん!」とつっこみの言葉が聞こえてきそうですが、これも物欲の魔力ですね。おー恐ーっ。

ちなみに退院後1番初めに復活したのは、ぶっちぎりに物欲でした。やっぱりなー...。



今日の納車後そのまま150Kmほど走りました。久しぶりに走って本当に気持ちが良かったです!

といっても乗れるのは今度の入院までの数ヶ月間。その後、復活の見込みは今のところわかりません。

いずれにせよ、この同い年のバイクとは末永く付き合おうと思います。

今日からCB Lifeの始まりです。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-16 21:52 | バイク | Comments(0)
2010年 10月 16日

友達

高校からの友達、バンド仲間の青木君が作曲した楽曲がPUFFYのNew Singleのカップリングとして収録されるそうです。
e0204594_18374013.jpg

彼は普段はこのユニットをやっていて(自分も1st,2ndアルバムにギターでちょこっと参加させてもらいました。)その他ミュージシャンやCMへ楽曲の提供や製作を行っています。

彼は高校生の頃からの音楽仲間。好みが似てるのか自分にとっては痒いところに手が届く人です。そして色々お世話になってます。

多感な時期を共に過ごし同じ目線で同じような音楽体験をし同じような感覚を持った唯一のお方。

電話しようと思うと同じタイミングで電話がかかってくるなんてことが本当によくあります。楽しい時も辛い時もだいたい同じようです。

かけがえの無いとはこんな人のことをいうのだと思います。そしてこんな友達が何人かいることが自分の最大の財産です。

そんな大切な友達の作った曲を皆さんよければ聞いてみて下さい。最近は音楽もダウンロードというのが流行ですがちょっと味気ない気がします。

音楽は聴くだけじゃなくジャケットや歌詞カードを触って見て聴くとよりいっそう楽しめるように思います。

HMV
TOWER
AMAZON

それにしても友達の活躍はうれしいですね。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-16 19:26 | 友達 | Comments(0)
2010年 10月 15日

職場復帰。

e0204594_20223676.jpg

今日、仕事に復帰しました。週に1、2回で一時的なものですが。

去年の10月26日に入院したので1年ぶりです。中々壮絶な1年やったな。

この5年ぐらいは仕事に没頭して色々な出会いがあったり別れがあったり、得た物も無くした物もいっぱいあって、泣いたり笑ったり本当に勉強になった。

全く後悔はしてないので良い時間を過ごしたんだと思います。

でも、来年入院してその後仕事に復帰したら今度はゆったりやろうと思います。食べれて、ささやかな楽しみが出来る程度で。そこまで稼ぐのも大変ですが...。

4時間ぐらい仕事に出ただけやのに結構疲れるなー。忘れてることもあるし。

でも、嬉しいもんです。仕事が出来るのは。有り難いねー。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-15 20:45 | 日常 | Comments(0)
2010年 10月 14日

PERFORMANCE 2010

e0204594_12352722.jpg

先月頭の話ですが、山下達郎さんのライブに行ってきました。今回で3回目です。

いつもながら本当に感動します。

中学生の時に兄貴が86年に「ON THE STREET CORNER 2」という一人多重アカペラアルバムを買ってきて聞いたのが出会いです。

それまでも山下達郎という人は知ってましたがアルバムは聞いたことは無くmaxellのCMの人ぐらいの認識だったと思います。

このアルバムを聞いた時は衝撃でした。兄貴の影響でアメリカングラフティーやブルースブラザースのサントラが好きだったのでDoo-wopの曲を一人アカペラでというのは衝撃でしたね。

確か前年に出たトッド・ラングレンのこれまた「A Cappella」というひねりが、かなり効いた変化球アカペラアルバムに中に"Pretending To Care"という曲が入っていてこれがまた声のウォールオブサウンドというか声の洪水みたいな名曲で、そのこともありアカペラというキーワードに敏感になっていました。(この二人にはかなり共通点があることを後になってから気づきました。)

その後あるきっかけでラジオ番組の「サンデーソングブック」を聞き始めたのですが、それからはどっぷりハマってオリジナルアルバムやシュガーベイブ、CM曲集等買いあさりました。

この番組を聞くと聞き始めた頃のことや、東京に居た頃、入院中など色んな場面を思い出します。本当に生活の一部です。(そういう方多いと思います。)

初めてライブに行ったのは東京にいたころで、会場は達郎さんもお初のNHKホール。もの凄く感動しました。レッツダンスベイビーのエンディングでお決まりの脚立でマイク無しシャウトを聞いた時は鳥肌がたちました。

今年行ったコンサートで"潮騒"を演奏する前に(ネタバレすいません)この曲をやるのは12年ぶりだと言ってましたが、初めて行ったコンサートがその12年前でこの曲のことを凄くよく覚えていたので何か感慨深く時間の経つのは早いものだとつくづく思いました。

来年からは今までより精力的にライブをやるとのこと。ファンには本当に嬉しいことだと思います。

12月には奥さんの竹内まりやさんのライブに行きます。

これまた本当に楽しみです。


先日所属レコード会社社長様が死去されたことを知りました。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2010-10-14 13:43 | 音楽 | Comments(0)