1971年製のバイクと人

cb750k1cr.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 27日

Never Cry Butterfly.

今日のサンソンもがんばれ東北。

どれも素晴らしい楽曲ばかり。

そんな中で1番心に響いた1曲。


Never Cry Butterfly/竹内まりや 『Denim』('07)


そしてこちらがオリジナル。

Never Cry Butterfly/Piccadilly Circus 『Piccadilly Circus』('99)


そして歌詞。

『Never Cry Butterfly』
作曲:杉真理/伊豆田洋之
作詞:杉真理

君の空が 泣きだしても
Oh, never cry butterfly
負けちゃダメだよ
精一杯に 生きてるから
傷ついた羽根さえ 何より美しいよ

壊れそうな心で
立ち向かう勇気を
神様はきっと見ているから

鳥のように 飛べなくても
Oh, never cry butterfly
君は君だから

いつの日にか しなやかに
愛する人のそばで 舞うのが 君の役目

涙こらえ微笑む
その強さも弱さも
僕だけはちゃんと知ってるから

長く辛いトンネルを 抜けて振り向けば
Oh, you will find there
君を運んで 輝ける Glory road

壊れそうな心で
立ち向かう勇気を
神様はきっと見ているから

僕だけはちゃんと知ってるよ

My butterfly never cry...


素晴らしい。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-27 20:53 | 音楽 | Comments(0)
2011年 03月 25日

Sia.

こんな知らんだ。

全然タイプの違う2曲。

どちらも素晴らしい。

Clap Your Hands/Sia 『We Are Born』 ('10年)


Lullaby/Sia 『Some People Have Real Problems』('08年)
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-25 14:45 | 音楽 | Comments(0)
2011年 03月 25日

諸行無常。

「諸行は無情であってこれは生滅の法であり、生滅の法は苦である」

生まれて死ぬことが苦しいことではない。いつの間にやら生まれてから死ぬというそんな当たり前のことも忘れて自分は永遠なものと思うから苦しいのである。

気持ち良い、痛い、痒い、その境目は曖昧でその大本は同じ。ひとつが無くなればすべてを無くす。

嬉しい、楽しい、悲しい、辛い、その境目も曖昧でその大本も同じ。これまた表裏一体。

永遠に気持ち良くなっていたいのにならないから苦しい。病気や事故などで死を直面すると命は永遠には続かないと感じるから苦しい。

でもこの感覚も生まれては消えてゆき永遠に続くものは無い。

それは川の流れのように1秒たりとも同じではなく常に自分も周りも変化しているから。

はじめて聴いてあんなに感動した曲も今聴いてもあのときのようには感動しない。

曲はあのころのままであって何一つ変わってないし罪も無い。変わったのは自分である。

以前にはあまり興味が無かった花を見て癒された。

おそらくそれも花は色も形も変わりないもの。変わったのはやっぱり自分。

良くも悪くも変化している。

そう思うと良いことも悪いこともやっぱり永遠には続かない。

「この生と滅とを滅しおわって、生なく滅なきを寂滅とす。寂滅は即ち涅槃、是れ楽なり。」

生じて滅する。

体も気持ちも感覚も。

このゼロ感覚というか空感覚。

または無。

それが涅槃。はいっ!気持ちも楽...。



...煩悩のかたまりのような自分にはまだまだ遠い悟り。




入院前にして少し不安なのか、この落ち着かない世の中にびびってるのか、はてまた、この刹那的生活を悔いているのか、何やら気もそぞろ。

永遠というのは苦である。それを教えてくれたのは火の鳥のキーパーソン猿田さん。

火の鳥もう一回読も。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-25 01:37 | 日常 | Comments(0)
2011年 03月 23日

Ducati 750S in Chanel.


Chanelの香水"Coco MademoiselleのCM。

何とまー、かっこのいいこと。

Ducati史上最も美しいバイクのひとつ750S。それに跨がる美女 Keira Knightley

同じ色のバイクにヘルメットにキャットスーツ、そしてグローブ。

ベージュというのが何ともパリ。舞台はコンコルド広場。

そして曲は御大JBの It's a man's man's man's world.

歌うはJoss Stone.

すべてが素晴らしい。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-23 20:40 | バイク | Comments(0)
2011年 03月 22日

A LONG VACATION.

e0204594_1265946.jpg

やっぱり流石の1枚。

何か聴くと不思議と心が高揚してしまうのです。

良い曲。良い演奏。良い音。

そして良い声。

御大曰く、ヒットとは何枚売れたかでは無い、長く語り継がれることである。

素晴らしい。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-22 12:18 | 音楽 | Comments(0)
2011年 03月 20日

こんなん来ました。

e0204594_9371582.jpg

まだまだ世の中は落ち着かない状態ですね。

やれることをやれるだけ。今、自分は黙ってこれ。

そんな流通も悪いと噂される中、注文から2日で届きました。

中々普段の生活をしているだけで何か申し訳ないような悪いことをしているような気もしてきますが、元気だけは無くさぬように。

それもやれることの一つだと信じて。

接続チェックで初めて聞こえてきたヘッドホンからの音はクリア。

それだけで嬉しくなりました。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-20 09:56 | 音楽 | Comments(0)
2011年 03月 14日

がんばろう。

e0204594_18472275.jpg

今、自分に出来ることはこれぐらいしかありません。

自分の住んでるところも海の目の前。本当に人ごとではありません。

がんばろう東北。
がんばろう日本。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-14 18:51 | 友達 | Comments(0)
2011年 03月 10日

SWEET DREAMS.

昨日は友達というか兄貴というか同士というか何せ大切な人の命日でした。

19から26までの7年間ほとんど毎日会っていたように思います。

この人のおかげで今があるように思います。

4年前突然逝ってしまい、以前のように会ったりしゃべったりしていなかったことを悔やみました。

でもこの7年間のことが自分には血となり肉となり自分の心と体の中にいつもその人がいると思っています。

まだ知り合って間もない頃にその後たまり場となる部屋で初めてこの曲を聴いた時のことを今でも鮮明に憶えています。

今思えば夢のような日々の始まりでした。

今しばらくはそちらには行けませんが、そっちに行った時はまたバンドしましょね。


[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-10 16:02 | 友達 | Comments(0)
2011年 03月 09日

誰もいない海。

e0204594_15414590.jpg

天気が良いので本日も飽きもせずバイクでひとっ走り。

暖かいかと思えば意外と寒い。風も若干強い。そしていつものコースは車も多し。

そんなこんなでパールロード展望台。暖をとりつつどこに行こうか思案。考えても思いつかないので取りあえず出発。

パールロード終点を右に行かず、本日は左に。

そういえばこの道を通って御座に高校の頃、兄貴達に連れて来てもらったなと思い早速行ってみることに。

この道と思ったけど途中からは新しいバイパスになっていることに気づく。そういえばこんな綺麗な橋はなかった気がする。

なので途中で旧道に入ることに。ほどなく数分で御座に到着。

当たり前やけど見事に人影無し。

オンとオフ、こんなに差がある場所もそうは無い気がする。

もう1度あの賑わいは戻るのかというぐらいにあたりは時が止まったような風景。

あまりにも寂しいのですぐに退散。

帰りは旧道を通ることに。道は細いし車も人も車道も歩道も境界線は無い無法状態の田舎道。時間はかかるがやっぱりこっちの方が良い。

やっと昔に兄貴達と来たころの記憶が蘇って来た。

海水浴シーズンで混雑した細い田舎道をクーラー無しの2CV

あの時すでにビールは美味しいと思っていた16の夏。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-09 16:13 | バイク | Comments(0)
2011年 03月 08日

DANIEL LANOIS.

こんな音楽家になりたいなと思う人。

その人のバンドBlack Dub

国内盤が出てるらしい。

生で見みたい。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-03-08 15:35 | 音楽 | Comments(0)