<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 29日

Logic考 その2。

e0204594_17555176.jpg

入院まであとわずか。ライブに出させてもらったり、仕事の引き継ぎの準備をしたり、天気の良い日はバイクに乗ったりと忙しなく過ごしています。

そんな中でもう少し進めておきたいのが楽曲制作。というかLogicについてもう少し理解を深めておきたいと3曲目に取りかかっています。

何せ素人なのでちんぷんかんぷん。今回も初心の記録として書いておこうと思います。

前回の楽曲でイントロとアウトロのメロに使ったエフェクトがかかったピアノが入っている音色集、またバッキングに使ったエレピが入っている音色集は結構使える気がしました。

鍵盤系でいうと早い話、生ピアノの音色以外は結構良い感じ。

生ピアノは通常デフォルトでは使わない(使えない)のか、はてまた自分が音作りが分からないのか何か悲しくなってくる音で、どうしても他の物に変えたくなってくる。

ストリングスも同じく生系はあまり良い音ではない。こちらも打ち込みのつぼやボイシング、またセオリー等を自分が押さえてないのがいけないのだろうが、やはりあまりそそられる音色ではない。

その他として詳しくはチェックしてないけどシンセは良い感じがする。

ベースはシンベ系は良い感じ。ウッドベースも思っていたよりは良い。エレベは弾いた方が良さそう。

打楽器系はというと、今回の楽曲でドラムを仮で組んでみました。今回のテーマがラテンジャズのためスナッピーを抜いたスネアの音色が欲しかったんですがどこを探しても無い。

ジャズドラム系のキットはあるが肝心の物が入ってない感じ。

シンバル系も今一かな。

細かい音作りがやはり必要なのでしょうか。

スネアなどはベロシティなどで良い感じのゴーストノートが出来たのでオカズ部分はそれなりになりました。

まだまだ勉強です。

でもドラムを組むのは楽しいです。エアドラムで想像しながら組むのは外から見たら異様な光景に見えることでしょう。

ギターの各シュミレーターも思ってたより良い感じ。今後色々試したいところです。

ここまでで感じたことは、今更ながらもの凄いですね、このソフト。色々書きましたがこの値段でこの機能と音源はお値打ち。生演奏風の場合は各楽器に精通していないといけないところは言うまでもないけど、それ以外ならやりたいことと想像力さえあればパズル感覚でいけそうな気がします。どこまで詰めるかが肝心ですが。

自分の場合は良い感じのストリングスとドラムのソフトが欲しいなー。

しばらくは打ち込みに集中してやってみようと思います。

ミキシングなどはその後に。

まだまだやれることが多いなー。

しばらくは楽しめそうです。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-04-29 19:03 | 音楽 | Comments(0)
2011年 04月 27日

さて。

とうとうというかやっとというか約1ヶ月遅れで約2週間後に入院の日が決まりました。

中々決まらなかったので落ち着かない日々でしたが決まったとたんにやっぱり不安と切迫感が押し寄せて来ました。

知らぬが仏とはよく言ったもので前回と違いある程度色んなことが予測できるのでことさら気分は憂鬱になってしまいます。

でも前回の入院から今までの1年と6ヶ月とちょっとの期間、本当に予定通りに行かなかったけど自分の性格からするとこの期間の経験があって本当に良かったと今更ながら思います。

初めから決まっていたかのようにも思います。

手術の前は人工肛門に対する印象はかなり悪く不安も大きかったけど今はこの方が楽だと思う瞬間さえある。

もしこの先、永久人工肛門になったとしても手術前の嫌悪感は無くある程度素直に受け居ることがで来ると思う。

そして人工肛門の出来があまり良くなくしばしば粘液や便が漏れることもあったけどこの先の閉鎖後の予習として心づもりが出来てこれも今では良かったと思う。

予定通りに行くことが当然良かったのだろうけど、この経験がなければこの体について受け居ることが今より難しく精神的に追いつめられていたと思います。

戻してからの排便機能のことや、ましてや手術の痛みなど不安はつきません。

でも退院してからのこの1年余りで得た物は本当に大きい。

この先の人生をおぼろげながらこうありたいと見つけられたような気がします。

入院まで後、約2週間、不思議と気分は爽快。

良い時間を過ごそうと思います。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-04-27 00:58 | 日常 | Comments(0)
2011年 04月 25日

Logic考 その1。

e0204594_22371390.jpg

以前に買ったLogic7とインタフェースは、両方でかなり大枚を叩いたにも関わらず1回使っただけで売却。

ほとんど理解も出来ずに楽しいことは何も無い想い出しかない。

二度と買うことは無いと思っていたけど、やっぱり必要にかられて前回の5分の1程度の予算で今回Logic Expressとcakewalkを購入。

今回は前回と同じ過ちを犯すまいと、はじめの一歩を躊躇無く進めると同時に、その初心者としての疑問と作業内容を記しておこうと思います。

今まで弾いた方が何かと早くて気が楽ということもあり出来る楽器は自演し、出来ない楽器は人に頼むという制作方法でした。

というかあまり楽曲制作をすることは無いというのが本当。

ただ今回頼まれたことを具現化するにはやはりDAW環境が必要。重い腰を上げ再び苦手なドアを開けることにしました。

まずはじめの一歩となったのが、友人に上物等のアレンジと音源追加を頼むため生ドラムを含む3リズム+αの音源をMTRからアナログでLogicに取り込み頭を揃えそのデータを送信する作業。

この作業は友人と教則本のMASTER OF Logic9に助けられて何とか終了。

リージョンを切って頭を揃え再生した時に、音がばっちり揃っていた時は感動し思わずおーっと言ってしまった何とも初心者な反応をしてしまいました。

さて前回と違い良い感じのスタート切ったところで安心してやらなくなるのがいつもの悪い癖。

間髪入れずに次のステップに行かなくてはと今度は打ち込みをすることに。

今回のコンセプトはリズムはバスドラとスネアのみ、2小節単位のループで、その上に印象的な鍵盤を入れるというもの。

まずはリズム組。テンポは112のスロー、ハネもの。今回の作用場は自宅ということもありキーボードは無いし、なぜか昔からステップ入力の方がしっくりとくるためLogicでもその入力方法ですることに。

バスドラとスネアのみというシンプルな構成でフィルなどは一切無しのループのため2小節のみ作りあとはコピペ。

ガレバンで少し経験済みのため各音色を思いの位置にピアノロールで難なく組むことに成功。

ただ16分の裏で鳴るスネアの音量と強さ、そしてリズムをハネさすことがまず第一の難関。

ベロシティとクォンタイズをどこでエディット出来るのかとクォンタイズでハネさせるのが良いのか3連系で組むのが良かったのかと悩むことに。

またまた教則本とにらめっこ。それでも分からない時はネット検索。

便利な世の中です。今回の疑問はだいたいこの組み合わせで解決。

ただベロシティは今回選んだスネアの音色(その他は分かりませんが)ではある数値からいきなり音色が変わり過ぎるのが難点。

クォンタイズはハネものに関して8系と16系で数種類用意してくれていてその他も結構充実した内容。

ただハネ方というのは本当に微妙な世界なので気にしだすとハマることになり何が良いのか分からなくなってしまいます。

何とか理想に近づけつつドラム組みは終了。

次は鍵盤。仮の音色はピアノ。

鍵盤が弾けないのでギターを抱えつつボイシングを確認しなが入力。すべて四分音符のためリズムは簡単。ベロシティは取りあえずデフォルトのまま。1コーラス組んで、繰り返しの部分にコピペ、その他のパートを組んで意外と楽に楽しく終了。

次はベース。仮の音色はウッドベース。

鍵盤は、ほとんどルート抜きのボイシングにしてあるためベースを入れつつ響きを確認。要所にゴーストノートを入れたり、ランニングの仕方を変えたりしながら良いところを探っていきました。

これも意外と楽しく終了。

ここまで来ると楽曲の姿が見えるよう(聞けるように)になってきます。

この辺りで気づいたのですが何と苦手意識はどこへやら楽しんでいるではないですか。

リズム、ベース、コードが乗った曲を聞いたら何か昔にMTRを買って初めて録音した時の感動した感覚を思い出しました。

楽曲制作が楽しいと思ったのは本当に久しぶりで自分でも嬉しくなりました。

ここまでで気分は楽しくやっていたものの気づけばパソコンの前で約9時間。

さすがに目が痛くなってきたのでここで1日目終了。

久しぶりに味わう充実感でした。

その2に続く。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-04-25 00:32 | 音楽 | Comments(0)
2011年 04月 15日

朝熊山。

e0204594_14114032.jpg

今日は体力が戻ったら絶対行こうと決めていた朝熊山へ登りに行ってきました。

バイクにリターンしたのと同時期に近辺の低山へ登るようになりました。

そのきっかけのような山が地元で誰もが知る朝熊山でした。そういえば高校の頃の遠足で登ったなと思い出し、なぜかふっと登りたくなったような気がします。

退院後、体力が戻ったら行きたなーと思っていて、次回の入院に備えての体力作りの意味も込めて本日晴天の中、登山(山歩きかな)決行となりました。

標高555mのこの山は山道はしっかりあるので迷うことはないのですが意外とハード。いつも最初の時点で挫けそうになります。

今日は久しぶりというこもあり最初は恐る恐る登っていたのですが途中から調子が出て来て山頂に着いた時に時間を見たら以前とあまりかわらない時間で登れてました。

しかし気持ち良い。やっぱりこの山好きです。この山は地元と思われる人々に多数すれ違うため孤独になることもありません。いくら低山といっても登って下りるまで誰にも会わずという貸し切り状態の登山は何かと不安になってきます。

まずは八大竜王社にお参り。そしてそこから親父の塔婆がある金剛證寺奥の院にお参り。そしてそこからレストハウス(画像の建物)のそばにある足湯で一休み。

この足湯は地味なんですが景色は最高です。気持ち良くて中々出る気がしませんでした。

足湯を出た後は足が軽く感じて良い感じ。金剛證寺にお参りして下山です。

いつも思うんですが登りより下りが何かと大変。息が上がることはないけど、こけそうになること多し、しかも足も痛めそう。出来るだけ歩幅を狭く。そしたら登りとほぼ同じ時間がかかりました。何か歳をとった気がする...。

体力が無かったのもあるけど、人工肛門になってから汗をかくのが嫌であまりハードに体を動かすことは無かったけど今日は本当に行って良かった。

この充実感は癖になる。

山は本当に気持ち良い。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-04-15 14:54 | 日常 | Comments(0)
2011年 04月 06日

開花チェック。

e0204594_15584770.jpg

本日も良い天気。そして暖かい。こんな日はやっぱりバイク。

今日はいつものコースではなく宛も無く北上。

松阪を過ぎたあたりで中勢バイパスで中川駅方面に向かい、そこから白山、美杉方面、この辺りから花を咲かせた桜がちらほらと、そして美杉手前でR165に、この辺りで本日の中間休憩地点を津の桜の名所のひとつの偕楽公園に決定。久居から津まで高速で向かうことに。

平日なのに結構な人。子供連れ多しで賑やか。まだ満開ではないけど中々綺麗。屋台も多数出てて運転でなければのんびりと酒でも呑んでゆっくり出来そう。

一通り公園内を散策し開花チェック終了。

お腹が空いたので津まで来たならと、みそかつ発祥の店「カインドコックの家 カトレア」に行くことに。

ここへ来るといつも何にするか迷うのですが本日はカツカレーにしました。

こういうお店はやっぱり大勢で来るべきですね。

そんなこんなで大満足で食べ終えて帰ることに。

しかし今日は本当に暖かい。眠くなるくらいに暖かい。一気に桜も開花することでしょうと思い地元の桜の名所のひとつの宮川堤に行くことにしました。

やっぱりここの桜が良いなと来る度に思います。桜のトンネルをゆっくりバイクで走り、途中で停めて見る風景は何とも春そのもの。

若い頃は花を見るのもそこそこで宴会するのが目的のような感じやったけど、歳をとる度に花を見るのが楽しみになってます。

春は桜、夏は花火。想い出の多い宮川堤です。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-04-06 16:36 | バイク | Comments(0)
2011年 04月 06日

伊雑宮。

e0204594_133180.jpg

この地方も何とか桜が咲き始めた今日この頃。温かな春うららの本日はいつものコースから少し外れて伊雑宮に行ってきました。

バイクで走るには絶好の1日。日差しは暖かく風は無し。いつものコースの景色も澄んだ空気の中で色と線がくっきりと見える。

バイクも調子良し。何て気持ちが良いのだろう。

そしてそんな日々を過ごせることを感謝し伊雑宮にお参りに。

このお宮は何ヶ月か1度、節目節目にお参りさせてもらってます。

ちなみにこのお宮の前にある『中六』という鰻屋さんは自分的には伊勢志摩で1番美味しいと思います。建物も雰囲気があり良い感じ。ただメニューが丼2種類しかないのが少し残念。

心地よい日差しとキリッとした空気の中お参りを済ませ、帰路の道中、伊勢道路の天の岩戸方面にある大島桜の開花状況(まだ咲いてませんでした...)をチェックしつつ早めに帰宅。

そして夕方から大先輩達とお花見に。

夜は昼間と違いかなり寒い...かと思いきや割と寒くなかった。

桜も思っていたよりも咲いていて良い感じ。

今日は運転手ゆえノンアルコールやったけどこのお花見は毎回食べ物も豪勢なのでそれだけで満足。

まだまだ不安な日々が続く日本において花見を自粛することも少なからずある中での仲間達とのお花見。

色々意見はあるだろうが、そんな中でも桜はやっぱり変わらず危ういほど綺麗。

後何回この光景が見れるのかと思うのと同時に今年無事に見られたことにほっとした。

非力ゆえの自問自答も、原発問題も、世界情勢も、自分にはよく分からないし答えも見つけられませんが、来年も無事に心身共に健康に桜が見られるように自分に出来ることをがんばろうと桜を見ながら思いました。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-04-06 01:20 | バイク | Comments(0)