「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 29日

家族性大腸腺腫症と自分。大腸摘出手術。その2。

昨日は月に一度の外来の日でした。

10日程前に胃の調子が悪く予約無しで診てもらって以来少しは良くなった感じもするけど、やっぱり胃腸の調子が今ひとつすっきりしない。食道、もしくは喉も相変わらず詰まった感じが治らない。

がん宣告以来、ちょっと調子が悪いところがあるとまたとんでもない病気ではないかと必要以上に心配になる。

人工肛門を閉じて以来、今まで以上に夜もトイレに起きるので慢性的な寝不足。その影響もあって体と心の調子が優れないことが多くて余計に悪循環。

胃の調子が悪いので3週間ぐらいお酒も呑まずに、食べる量もかなり少なくなったので4キロ位痩せてこれまたへこむ原因に。

そんなことを昨日の外来で先生に言ったところ心配なら胃カメラをしたら良いと思うこど半年前にやってるので多分大丈夫だと思う。ストレス過多な気がするから夜呑みにでも行ってパーッとして来たらとの提案。

その言葉に何か拍子抜けしてしまったのと、先生に色々と聞いてもらって安心したのか気持ちが楽になりました。

早速その外来の帰りに昼飯をいつもなら軽いもの済ますところ、あえて重めの食事にしたところ何と胃もあまりもたれることなく何とも良い感じに完食。

何か良い感じやぞと、夜は先生の提案通りに呑みに行くことに。顔なじみのお店に2ヶ月ぶりに行って近況を報告しながら久しぶりのお酒。

最初はおっかなびっくりやったけどビールを一杯呑んだら調子が出てきて何か良い感じ。

そこから三件はしごして最後は撃沈。あんまり量は呑んでないのに久しぶりのせいか、かなり酔っぱらいました。

なので今日は二日酔いやし鍵を無くして探さなければならないしで大変だったのですが、かなりストレス発散になったようで胃も気持ち悪いながらもそこまで悪くなく、喉が詰まった感じもほとんど無し。

やっぱり精神的なものが大きかったようです。

先生のアドバイスはやっぱり流石やなと思いました。楽しかったし心も体も良い感じにリフレッシュ出来ました。

先生ありがとう。


そんなこんなで前置きが長くなりましたが前回の続きを。

中学2年生の夏休みが終わりそのまま新学期に出ること無く入院となりました。

初めての入院。しかも大きい手術。親子共々不安なことばかりでした。でも今思うとこの時はまだ事の重大さを分かって無かったように思います。手術後どんな後遺症が残るのか、またそれによってどんな生活になるのかあまり分かってませんでした。

というか分かってたら手術に挑めなかったようにも思います。知らぬが仏。入院、治療に関しては時としてこれが大事だと思うことが多々あります。

入院してから何日目だったのか覚えてませんが、事前の検査や処置を済ませて手術の日を向かえることになりました。

朝1番からの手術。心の準備もままならない中、手術室に向かうことに。

まずベットに寝た状態で両腕に注射を打たれた記憶があります。その後すぐにふわふわとしてきて何とも良い気分になりました。そんな中ベットのまま手術室に運ばれて行きます。

良い感じに朦朧とした気分の中、家族に励まされながら運ばれて行ったのを覚えています。

そしてとうとう手術室に。手術室に近づくにつれだんだんと気温が下がって寒い感じがしたように思います。

そして手術台に移動。上のライトや色んな機器などその景色はテレビのドラマで見た風景。

何とも不思議な気分でした。今から自分がお腹を切って手術をするという実感が有るような無いような、怖いようなワクワクしてるような注射のせいもあってか何とも現実離れした気分でした。

そして、とうとう全身麻酔。麻酔担当の先生に指示があったら大きく深呼吸をして数を数えて下さいとの説明を受けました。

とうとう来たかと覚悟を決めて、口にマスクを当てられて指示があった後に数を1,2,3とここまでは覚えていますが3以降の記憶がありません。

ここからは起きるまで当たり前やけど記憶無し。自分の事のようで他人事のような時間です。

でも麻酔が醒めてからここまでの人生で一番の苦痛を味わうことになります。

この続きはまた次回に。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-11-29 18:12 | 家族性大腸腺腫症 | Comments(2)
2011年 11月 17日

家族性大腸腺腫症と自分。大腸摘出手術。その1。

半年前ぐらいから、胃、食道の調子が中々すっきりせずに病院にも何度か行ったのですが、ここ数週間また逆流生食道炎らしい症状と胃の調子が優れず、もやもやしてまして今日も朝から調子が悪いので無理を言っていつも行ってる大学病院に診察に行ってきました。

診察の結果はそこまでひどいことはないとのことなので胃カメラはまた来年でも良いとのこと。

それと今日診てくれた先生は2年前にお世話になった先生で、一時期この病院とは違うところへ行ってしまったのですが、最近お戻りになったそうです。

優しくすごく良い先生(この科の先生は皆さん良い先生です。)だったのでまた会えて嬉しかったです。

先生も手のかかる患者だったので人工肛門が取れたこと、そしてまた会えたことを本当に嬉しそうにしてくれてました。

今後も機会があれば診てくださるとのこと。本当に心強いです。

がんと宣告されてから、そして2年前の手術で再入院してから何か少しでも調子が悪いと、またとんでもない病気ではないかと、かなりナーバスになってしまいます。

もう少し気持ちを大きく楽に持ちたいと思うけど中々難しいです。

そんな中、先生は少しでも悪かったら気にせずに来て下さいと言ってくれてるので本当に有り難いです。

普段の生活をなるべく規則正しく暴飲暴食はしないように心がけ体の調子を整えて悩みの種を作らないようにしなければと思います。

でも、我慢のし過ぎもストレスが溜まったりしてバランスが難しいな。

それにしても今日はやっぱり行って良かった。気持ちが楽になりました。どことなく胃の調子も良くなった気がします。

本当、良かった、良かった。



前置きが長くなりましたが、そんなこんなで久しぶりに前回の続きです。

その時、親に先生から告げられたこととは大腸摘出手術の話でした。

この時点では直腸も摘出するということになっていて永久人工肛門になるとのことでした。

ただ両親がまだ14歳の子供が永久人工肛門になるのはあまりにもかわいそうなので何とか直腸だけは残せないものかと相談してくれて、その後、軟便で下痢になり、残した直腸もいつがんになるかわからなく経過観察はずっと必要になるけど、それでも良いならと、直腸を残す方針になりました。

この時の両親が言ってくれてなければ、自分は永久人工肛門になっていました。

この当時こういう判断をしてくれて先生に相談してくれた両親には本当に感謝しています。

でもまだこの時点では自分は何も知りませんでした。

この話が来た頃はまだ夏前。そしてこの当時正直言うと親父のやっていた会社もかなり大変で親父の普段の生活も荒れ気味で両親の仲もあまり良くありませんでした。

そんな中、中学二年の夏休みに両親から旅行に行こうと提案がありました。兄貴は遊びに勉強に忙しく行かずで、ばあちゃんは留守番、なので両親と自分との三人で行くことになりました。

行き先は北陸。行く前もそうでしたが、旅行の道中でも何か違和感を感じてました。

両親の仲が悪いのになんで旅行なんやろ?道中の車の中でもその当時両親の間に険悪な雰囲気がしていたように感じてました。

でも、それでも楽しい時間になるようにとしてくれてたように思います。

そしてこの日のことが忘れられない理由に、旅館について一息つきテレビを付けたところとんでもないニュースがやっておりました。

この日は1985年8月12日。御巣鷹山に日航機が墜落した日でした。

旅館で両親と三人でテレビで報道されるニュースを見ていた光景を今でもよく覚えています。

この年はこの1年前からのグリコ森永事件や長引くロス疑惑など今でも良く覚えている事件があった年でした。

そして旅行から帰って来て自分に両親からあることを告げられます。

それは夏休みが終わったら入院して大腸摘出手術をしなければならないとのことでした。

この時の旅行はどんな体になるかわからない息子にと仲のあまり良くなかった両親が息子が旅行に行ける体の内に最後になるかもわからないと考えてくれた旅行でした。

この続きはまた次回に。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-11-17 15:49 | 家族性大腸腺腫症 | Comments(0)
2011年 11月 15日

曽爾高原。

e0204594_22233184.jpg

仕事復帰してから中々時間が無くブログ更新もままならず、しかも先週は腰痛で普段の生活もままならず、前の再入院の時の症状に似てたのでちょっと焦ったけど何とか治ってほっとしました。

バイクも乗れそうなので今日は去年も行った曽爾高原に行ってまいりました。

しかし今日は寒い。

曽爾方面かなり寒く、すっかり紅葉も終わりといった感じでした。

話は変わりますが曽爾高原の手前の道や山の斜面が至る所土砂崩れで前に通った道も通行止め、あの豪雨は凄まじかったんやなと改めて思いました。この地方の方々は本当に大変だったことだと思います。

そんなこんなで無事に曽爾高原に到着。

あれっ?ほとんど誰も居ない。去年も平日やったけど結構いっぱいやったのに。

天気が曇りがちで寒いから?もうすすきの見頃は終わり?

ほとんど貸し切り状態ですすきの高原に行ってみると、やっぱりすすきは終わり気味。

曇りの天気と人気が無く風に揺れるすすきの風景が相まみえて何とも寂しげでちょっと怖いような自分だけ取り残されたような不思議な気分になりました。

何か心も体も寒くなってきたので去年は行けなかったお亀の湯へ行きました。

っと、行ったらまだ開店前。なのでこの間テレビでやってて母親に頼まれた米粉パンを買いに行くことにしました。

流石にテレビでやってただけあって開店と同時にお客さんでいっぱいに。ひとつその場で食べたら本当にもちもちしてて美味しかったです。

さて温泉も開店した頃。心も体も温まりましょ。

早速露天風呂に。気温が低い中の露天は最高ですね!

しかもこの温泉の湯はかなり良い感じ。

露天の景色も良く、源泉かけ流しの湯もあってここの温泉おすすめです。

すすきはちょっと寂しかったけど温泉も入れたし今年も行けて良かった!

来年はもう少し早い目に行こっ。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-11-15 23:26 | バイク | Comments(0)
2011年 11月 07日

egil olsen.


久しぶりに音楽ネタを。

最近ユニクロのフリースでのCMで使われてるが気になってまして、調べてみると菅野よう子さんとDJ MITSU THE BEATSさんによる楽曲とのこと。

菅野よう子さんといえば何かと印象的なCM曲を多く手がける方。

なるほど。そりゃ良い感じやわな。

と、気になったのは楽曲もさることながら、その歌声。

歌ってるのは誰かと調べれば、その声の主はノルウェー人シンガー・ソングライターのegil olsen(エギル・オルセン)という方でした。

オリジナルの曲も良い感じ。

スウェーデンはもちろんのこと、ノルウェーなどのスカンディナヴィア方面のミュージシャンはジャンル問わず素晴らしい人が多い。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2011-11-07 23:23 | 音楽 | Comments(0)