1971年製のバイクと人

cb750k1cr.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 26日

The John Tropea Band / Japan Tour 2016.

e0204594_11573561.jpg

先日の24日に先月に続きまたビルボード大阪にライブを見に行って来ました。

今回は敏腕ギターリストのジョン・トロペイのライブです。

っと言っても申し訳無いのですがジョン・トロペイについてはあまり知識が無いのです。

じゃーなぜ見に行ったかというと今回のツアーのドラムが何とスティーブ・ガッドなんです。

最近亡くなられるミューシャンの方も多いし、自分も健康で見られる内に、これは間近で一度はスティーブ・ガッドは見とかないかんと思いチケットを購入しました。

それとトランペットがランディ・ブレッカー。そしてサックスが映画ブルースブラザースに登場する“ブルー” ルー・マリーニです。

こちらも楽しみ。

だけど正直スティーブ・ガッドは超有名やし参加したアルバムも結構聞いた、またスティーブ・ガッドのことを好きな方々も多いのも知ってはいるのですが、何というかレジェンドなのは重々承知の上、もちろんその存在に尊敬もしているのですが、自分はちょっと苦手なところもあるドラマーでした。

それは聴けばすぐわかる音色とフレーズ、そして何と言ってもそのタイム感です。

そこが何というか苦手でした。

このライブを見るまでは。

いつものように開場して約一時間後開演のアナウンスが流れ客電が消えます。

そこにメンバーが登場。

この時点ですでにスティーブ・ガッドはオーラが違ってたように思います。

そしてガッドのカウントからライブが始まりました。

何と今まで思っていた印象と全く違いました。

ダイナミクスとグルーブがとてつもないのです。

そこで叩いてる顔はいつもの気迫溢れる形相。

心の中で「すんませんでした...」と謝りました。

やはりドラムの神様でした。

ライブ自体は1stセットということもあってか序盤は硬い印象やったけどそこは皆様プロ中のプロ、もの凄い勢いでグルーブしていきます。

ここまでガッドのことばかり書いて来ましたが、何と言っても主役のジョン・トロペイがファンキーでブルージーでメロウ。

特にファンキーなカッティングとバッキング、そしてスローな曲での歌い方はもの凄いものがありました。

そこにキレキレのホーンセクション。

これぞ音楽、ライブという感じで自然と体がリズムを取ってしまいます。

合間にそれぞれのミュージシャンもソロも入りますが、やっぱりガッドのソロは格別でした。

あんなにドラムって良い音するんやなーとちょっと感動しました。

久しぶりにずっと見てたいと思うライブでした。

ただ、いつもの電車の都合でアンコールの途中で出なければならなかったのが本当に残念でした。

ビルボードで見た中で一番素晴らしいライブでした。

これからビルボードでスティーブ・ガッドが参加するライブは出来れば全部行こうと固く誓った帰りの電車でした。

しかし良いもの見せてもらいました。

音楽、ライブ素晴らしいな。

良い感じっ!!
[PR]

by 1971cb750k1 | 2016-02-26 11:53 | 音楽 | Comments(0)
2016年 02月 26日

ホルター心電図。

備忘録です。

この間の改めてやった採血は中性脂肪の数値が驚くほど下がっていてちょっと基準値よりは高めやけど何とか下がってて良かった。

何やったんやろと先生も言ってましたが、前もこんなこたがあったし、もしかしたら大腸の全摘と小腸の摘出の影響かもとのこと。

他のところも少し高めのところはあってもほとんど問題無し。

何とか良かった。

そしてホルター心電図という24時間付ける心電図をやっております。

肌も弱いし痒くならないか心配。素肌に器具があたって微妙に違和感有りです。

これも何も異常無しで行きたいところです。

いつもの心配し過ぎが影響大そうなので出来る限りのんびりやります。

出来るかな。

我ながら病気、検査は色々と経験するわ。

こうなったら気楽にやります。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2016-02-26 11:10 | 日常 | Comments(0)
2016年 02月 19日

とりあえず良かった。

去年の年末から少し呑みに出る回数が増えてそのままあまり減りもせず気がついたら2月。

何となく胃というか何というか調子が悪い感じが続いてまして、気になるのでいつの内科さんで診てもらうことに。

診察の結果、逆流性食道炎とのことで薬を頂くと同時に去年から8ヶ月近く経つので近いうちに胃カメラをやってはどうかということで早速予約をすることに。

6月までまだあるなー何て思っておりましたが、調子も優れないしどうせやるなら早いのが良いかと思いいこの診察から1週間後に予約を入れました。

ただ、この診察の時に伝えた症状から一応、採血と心電図もとって頂いたのですが、心電図の結果がまさかの異常あり。

この内科さんは循環器専門では無いので専門の先生の診てもらってまた採血の結果と共にを言いますとのことでした。

そして1週間後、いつもの通りに胃カメラを安定剤を使って楽にやってもらって少し休んでから胃カメラを担当して頂いた先生から検査結果を聞くことに。

結果はほぼ異常無し。少し逆流性食道炎があるとのことでした。

安心して今度はいつも診察して頂いている医院長先生にこの間の検査の結果と今後のことを聞きに診察をして頂きました。

胃カメラは異常無しで良かったですねということだったのですが、採血の結果で中性脂肪がかなり高いのと肝機能も少し異常有りで今回もう一度採血をしてみて比較の意味も含め改めて結果を見ることになりました。

そして何とやっぱり心電図の結果も少し気になるということで紹介状を書いて頂いて循環器内科に行くことになりました。

今年は胃カメラは一発OKやったのにまさかの心電図...。

ちょうどこの日にこの循環器内科さんで診てもらえるそうなので早速行くことにしました。

紹介状を渡して待つこと数分、診察をして頂きました。

色々と思い当たる症状はないかと聞かれたのですがあるような、ないような自分のことながらよくわかりません。

そして色々と診察して頂いた後に心電図とエコーをすることになりました。

結果は心電図は以前より少し落ち着いているようですが、やはり少し気になるところがあるとのことでした。

ただ、エコーの方は全く異常無し。

この検査で先生から、何か重篤な病気がある訳では無いので安心して日常生活を送って大丈夫と言ってもらったのですが、ただ気にはなるそうなのでもう少し詳しく検査をということで24時間の心電図をすることになりました。

検査の結果と先生の診断を聞いてひとまずは安心しましたが中々スッキリとはなりませんね。

毎年何か色々とあるな。

でも早い目に見つかって良かったと思います。

胃カメラの結果も良かったし、心臓もそこまで悪くないようなのでひとまずは一安心です。

改めてやった採血と24時間心電図の結果が良いと良いのにな。

最近制作業務で寝不足なのでますは睡眠をしっかりとります。

でも締め切りが...。

無理が利きません。

年やわ。

やっぱり健康第一やな。
[PR]

by 1971cb750k1 | 2016-02-19 22:26 | 日常 | Comments(0)