1971年製のバイクと人

cb750k1cr.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 18日

Crews Maniac Sound VINTAGE LINE ST-63 with K&T LOM S-63 VBC

e0204594_21524931.jpg

何とも素晴らしいギターを導入して頂きました。

自分の所有した楽器の中で一番ハイエンドなギターだと思います。

ずっとストラトに憧れがあるのです。

あの音がするストラトに。

はじめて買ったギターがストラト。

でも、ずっと使いこなした事が無い。

自分の中では色んな意味で難しいギター。

でも、ギター、アンプ、弾き手が三位一体で、すべてが素晴らしいと、どのギターよりも心に響く音がするような気がしてならない。

今度こそはぜひその境地まで行きたいなと思います。

その機会を与えて頂き本当に感謝です。

良い感じ!!
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2016-11-18 22:14 | 音楽 | Comments(0)
2016年 11月 13日

曽爾高原

e0204594_1425467.jpg

7日に毎年恒例の曽爾高原に行ってきました。

今年はすでにススキはかなり開いてて終盤といった感じでした。

でも、天気が良くて気持ち良かったです。

そしてススキを見た後はこちらも恒例のお亀の湯です。

こちらも本当に良い湯で気持ち良いです。もう少し近かったら通いたいぐらいです。

手術をしてから毎年行ってます。

曽爾高原行くと今年も来れて良かったなーとつくづく思います。

来年も行きましょ。

良い感じ。
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2016-11-13 14:33 | 日常 | Comments(0)
2016年 11月 05日

やってしまった...。

e0204594_22451886.jpg

戒めの意味で書いておきます...。

そろそろちょっと慣れてきた750F1で右や左やと曲がるのが楽しくなって来まして、地元のプチ峠道で、あはは、あはは、楽しーなー、楽しーねーと調子に乗ってぐるぐると往復してましたら、Uターンも慣れて来まして何回目かで少し速度を抑えるのを怠ってUターンしようとしたところ曲がりきれずバタンと立ちごげ!!

あーっ!!やってしもたーっ...。

前のMHRでもそうでした。慣れて来た頃、調子に乗って立ちごけ。

セパハンで初めは小心者なのでかなり慎重に乗っているのですが、段々楽しくなってきてこの有り様です。

成長がありません...。

心が痛い...。

破損状況はスクリーンだけで済んだのですが、このスクリーンがオリジナルはほとんど在庫無し。

数個あったのですがびっくりする価格。

リプレイス物もほとんど無し。

心が痛い...。

旧車に乗っているなーとこういう時に実感、いや痛感します。

一こけ目が出る価格、もしくはパーツ無し。

素晴らしき絶版車の世界...。

その危うさが魅力の一つであることに間違いはありません。...よね(苦笑)

でも、不幸中の幸いでスクリーンを探して何件もお店に問い合わせしてたところ、このバイクに関してはエキスパートな方のお店にて、一見にも関わらず親切にして頂いて、スクリーンの在庫も有り、今後も何かあればいつでもどうぞと親切丁寧な対応して頂きました。

その他のお店の方も色々と対応して頂いて本当に感謝です。

バイクをこかして、ましてや破損があれば悲しくてしばらく夢にも出そうになりますが、今回は素晴らしいお店を知ることが出来てそれは本当に良かったなと思います。

今回の件でお騒がせしました全国のお店の方々本当にお世話になりました。こんなところで感謝の言葉を書いてもどなたもこのブログを見てはいないとは思いますが本当にありがとうございました。

こういう時の優しさは本当に沁みます。

それにしてもこのスクリーンを見るたびに心が痛みます。

調子に乗るな。

ゆっくり、丁寧に。

忘れないように。
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2016-11-05 22:45 | バイク | Comments(0)
2016年 11月 04日

KOJI TAMAKI CONCORT TOUR 2016 AMOUR at 三重県文化会館

会場にてポスター等の画像を撮るのを忘れたので画像はありませんが、3日に玉置浩二さんのコンサートに行って来ました。

ビルボード大阪に玉置さんを見に行ったのが6月。その後でソロコンサートのツアーで三重県でもやると知りだめもとでチケットを申し込んだら有難いことに当選しました。

6月のビルボードはDJと二人のライブでしたが、今回はバンドでの演奏ということでまた違った感じで観れるなと楽しみにしておりました。

ビルボードは距離も近いし弾き語りも多くそれは贅沢な時間でしたので、ホールでのコンサートはどういった感じかと思いましたが、やっぱり歌の凄さは変わりませんでした。

曲はもちろんのことアレンジもバンドの演奏(特にチェロが素晴らしかったです)も素晴らしく玉置さんの歌と共に会場全体を魅了しておりました。

最後に一人で歌い終えて去って行く感じが何とも印象的で、その素晴らしい歌と声の余韻がどこまででも続くようなあまりにも潔くかっこいい去り際でした。

ビルボードの時も心底思いましたが、歌というのは凄い、声というのは凄いと本当にそう思います。

本当に素晴らしく良い時間を過ごさせて頂きました。

これにて今年のライブ、コンサート等の予定はすべて終了です。

今年は結構観に行きました。

どれも本当に素晴らしかったです。

また来年も観たい人は出来るだけ行こうと思います。

やれるうちに。行けるうちに。

良い感じ!!
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2016-11-04 22:50 | 音楽 | Comments(0)
2016年 11月 02日

ウラワン 裏ドリワンダーランド2016 at 日本ガイシホール

e0204594_1120424.jpg

チケットがあるよということで先月の10月30日に初めてドリカムのコンサートに行って来ました。

何と初めてなのに今回は「ウラワン」というヒット曲や有名曲を全くしないというマニアックなコンセプトのコンサートなのでした。

20年ぐらい前にやってたテレビ番組の「うれしたのし大好き」は良く見てたし、吉田さんのソロアルバムの「Beauty and harmony」は名盤で好きなアルバムなのでドリカムの曲はそこまで知らないけど吉田さんの歌が聴けてお二人の姿が見れるだけで良いなーと思ってました。

チケットが取れなかった方には本当に申し訳無い話なのですが、そんな感じで コンサートが始まるのを待っていました。

でもこれがコンサートが始まると元々裏も表もよく分かってない自分にはどれも素晴らしい新曲を聴いているかの気分で、それとあんなに演出したコンサートも初めてのこと、またあの歌唱力なので 序盤から圧倒されました。

ネタバレになるのであまり書けませんが吉田さん曰くグレーゾーンのお客の自分でしたが、ものすごく楽しめたコンサートでした。

良いもの観せて頂き感謝です。

表も行ってみたいなーと思うけどチケット取れへんのやろな。

行ってみたいなー。

良い感じ。
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2016-11-02 11:17 | 音楽 | Comments(0)