1971年製のバイクと人

cb750k1cr.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 06日

回想。紀伊半島、龍神、高野山ツーリング編 その1

e0204594_1122762.jpg


去年の今頃9月から10月にかけてソロと友達二人とで合計3回ツーリングに行きました。

せっかくなので思い出しつつ記録しておこう。


きっかけは前回の日記にも書いたけど去年の10月末に入院が決まっていて退院後はしばらく長距離のツーリングは無理やなーと思い出掛けることにしました。


この時の相棒はXR400 Motard。少し前に手放しましたが本当に良いバイクでした。


さて行き先はどこに?

そうや!ばあちゃんが昔住んでた新宮(本当の住所はその手前の成川)に行こう!と即決。

確か去年の9月14日午前7時頃に出発した覚えがある。

出発してからしばらく走り42号線に乗ると,その昔ばあちゃんの家まで行くような気分がしてきて懐かしさと嬉しさでメットの中の顔は終始ニコニコしてました。

昔に比べると峠道も走りやすくなりその隣には高速道路が出来ていてあまり変わってないように思う道や景色も変化してるんやなーと改めて周囲を見渡しながら思いました。

でもこの最高のすべり出しの中、1つだけひっかかっていたことがありました。それは...。


次の日が雨という予報だったこと。


二日目に予定している龍神スカイラインはどうしても良い天気の中走りたいっ。

そんなことを思ってる間に尾鷲に到着。

ばあちゃん家に行く前に親戚のいる尾鷲によって従兄弟と遊ぶというのが恒例でこの尾鷲も思いでいっぱいの場所。

何も考えずに駅に行ってみるとその前に旅行会社みたいなのがあってそこであっ!とひらめき、携帯で明後日の天気を調べると何と晴れ。

そこで即決。1泊2日を2泊3日に変更。予約してあった龍神の宿も快く日にち変更して頂きこの日は串本に泊ることにしようとこの旅行会社に飛び込み難なくホテル予約完了。

そこまで決まれば明日の雨のこともあまり気にならなくなってきた。

ルートも大きく変更。新宮から龍神に向かうのではなく白浜から中辺路を通って龍神入り。

ということは2日目の串本→白浜→熊野本宮→龍神宿までは雨のツーリング。

でも幼いころの記憶としてこの地域は雨の印象が強く(日本の中でも雨量多し)雨のツーリングも悪くないとまで思う心の余裕。

2泊3日効果てきめんの中、尾鷲を出発することにしました。

つづく。
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2010-10-06 11:57 | バイク | Comments(2)
2010年 10月 05日

散歩。

e0204594_161859100.jpg


今日は外来でした。

去年の今頃(もう1年かー、早いな)持病が悪化して入院。

手術も無事済み予定どおりに退院して二日後合併症で再入院、合計五ヶ月の入院でした。

今までもハードな人生だと思うけどこの入院期間が人生で一番辛い時期やったな。

心も体もボロボロになって欲深い自分が欲までなくなり人生で初めて死にたいと毎日思ってました。

今は退院して半年が経ち心も体も少し良くなり欲も出過ぎるぐらい出てそこだけは完全復帰といってもいいぐらい。

それにしてもあの時は本当に辛かったなーと今更ながら思う。

主治医の先生が退院して普通の生活に戻った方が早く良くなるから少し大変やと思うけど退院して様子をみましょうと言った時は先生は鬼か?と思ったけど本当にそのとおりでした。

普通退院するというのは嬉しいことなんやと思うけど入院期間が長く心も不安定だと退院するのが不安でたまらなく恐ろしくなるという経験をしたのは初めてでした。

でも自分の病棟の人達はみんな同じ感覚だと聞いて自分だけじゃないんやと少し安心したことを思い出します。



今年の異常な暑さの夏も先月後半から少しずつ和らぎやっと散歩など出来るようになりました。

散歩の目的は体力を少しでも戻すためやけど1番効いてるのは心の方やなーと歩きながら思います。

心地の良い風に金木犀の匂い、青い空に薄紅の秋桜。

療養中の心と体には本当に良い環境です。感謝。



来年もう1度入院することが決まっているし、それからの方が今より辛くなると思うけど今はすこしでも穏やかにゆっくりと。

来年の今頃もこんな感じでいられたら良いなー。
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2010-10-05 16:57 | 日常 | Comments(0)
2010年 10月 04日

ココロ見

人や本、音楽や事柄、その時の自分を元気にしてくれるような出会いがタイミング良く訪れる時がある。

それは求めてるからおきるのか...。

今回もふっとテレビをつけるとこの番組に出会った。


「ココロ見」


内容をすべて把握しているかといえばしていないし、すべてに共感できるかといえば疑問なところもあるけど見終わったあと自分の気持ちが元気になっている。

出演のお二人の仕事の場は芸能界とお寺。そんな全く違う環境でもっとも共通してることはお二人共に青春時代の過ごし方が良くも悪くも、望むも望まざるもあまりにも強烈。

音楽とお経や祈祷。それは何かを捧げお互いの価値観を共有し自分の奥底の何かを奮わすこと。

相手のことを思いやり、自分のことも思いやる。


何個か大きな人生の山を越してきたお二人の語り口調は厚く穏やかそして笑顔。

笑うのは大事なことやと何かと思う今日この頃。そこが大切だと実感。


さて、この番組のキーワードは最初と最後で語られる「求めすぎない」。





求めすぎない...。





難しいなあー。
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2010-10-04 13:26 | 日常 | Comments(0)
2010年 10月 03日

納車前祝い。

e0204594_7513735.jpg


昨日は思ったよりもバンドの練習が上手くいき短時間で終了。

その後上司方々とご飯&呑み。解散後近々バイク納車予定のマスターのお店に納車前祝いに行きました。

マスターとはちょうど一回り違い。干支はいのしし。

自分はCB750fourでマスターはW1SA。

もしかして同じ年式かと思ったところマスターのWは72年式とのこと。

71年式ならバイクも人もすべていのしし年になるなーとどうでも良いことを期待してました。

このマスターはバイクに関して非常に知識豊富。

CBやショベル以前のハーレー、その他色々と乗り継いできたお方。ここ数年は少し休憩気味でしたがまた乗り出すきっかけとなったのは”夢”を見たからなんだそうです。

映画「乱暴者」のマーロン・ブランドのようにバイクで疾走している夢。

夢からさめたマスターは”そうやバーチカルツインやっ!”とそれから久々に訪れたバイク購入物欲の夢はさめることがなく見事叶いました。

公私共々このマスターにはお世話になっていて色んな場面を共有させて頂いておりますが、唯一バイクを一緒に走らせることは実現してなかったし正直無理かなーと思っていたところに急展開。

うれしいなー。本当にっ。

昨日は自分もマスターもニヤニヤがいつまでたっても止まりませんでした。

良い感じ。
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2010-10-03 08:36 | バイク | Comments(0)
2010年 10月 02日

秋晴れ。

e0204594_11532561.jpg


秋晴れ。良い天気。1年で一番好きな季節。

今日は会社の上司というか師匠ですね、その方々と年に1度恒例のバンドコンテストいわゆる”おやじバンド的コンテスト”に出るための練習。

といってもコンテストに出るのは二の次で会場がある名古屋に前乗りで行って慰労会という名の宴会をするのが目的。

でもこのコンテスト、地方予選に出るのも音源審査がありこれに通過しなければこの宴会も出来ない。

この音源をまかされてるのが自分。毎年結果が出るまでちょこっとプレッシャー。

何とか4年連続で無事に出場出来ております。これも皆さんのおかげです。感謝。

去年のコンテストの時、自分が入院することが決まっており来年はどうなるかと思っていて、その入院も色々あって長期になってしまいその時のことを思うと今年もまたコンテストに出場または宴会に参加出来ることが夢のようです。

何でもない日常を家族や仲間と笑い過ごせることは本当に幸せなこと。それとこんな空を心身共に平穏な気分で眺められることも。

身にしみて思います。

夜には前回投稿したマスターのお店に行ってバイク納車前祝い。

良い感じ。
[PR]

# by 1971cb750k1 | 2010-10-02 12:21 | 日常 | Comments(2)